About

『十色の路』は、名古屋市昭和区に構えたギャラリーレストラン『抖擻庵』を継承する形で、2020年8月にスタートしました。
築70年の数奇屋を改装しオープンした抖擻庵。現代作家の布や絵画、四季に合わせた企画展を開催。レストランでは、オーナー加藤まり古さんセレクトの作家の器で、旬菜料理が楽しめました。また、シャンソンや尺八、ジャズ等の音楽会も行なっていたそう。
「家庭料理でも、作家さんの器に盛ると不思議とグッと格上げされて華やかになる。料理とともに、作家さんや様々な文化、アートの魅力にもっと触れていただきたい。」そんな想いで、名古屋マダムを中心に、アートサロンとして長年親しまれていました。

『十色の路』は、惜しまれつつも閉店した『抖擻庵』の想いをしっかりと受け継いだ上で、今の時代に合わせた取り組みの形を模索します。
多種多様な『モノ』『コト』『ヒト』が交わり、時代や文化を超えて美しく融合する様を表現した『十色の路』の名称。十色の路は、価値ある上質なモノ・コト・ヒトを再発見し、その魅力を発信する場を創っていきます。

担当:雨宮
support@toironoro.com